コラム

「興味」だけじゃないInterestの意味と使いかた

投稿日:

Interestの意味、「興味、関心、利害関係」

英文読解の勉強法
おもしろさ、興味深さという意味でよく使われる名詞、interestですが、
その意味は物事に興味を持つという深い関心から、重大性といったところまで広がっています。
そして利害が関係する話題では利益や、利子といった意味でも使われます。

可算名詞、不加算名詞の使い分け

interestは、興味、重大性、利害に関するいずれの意味でも、
可算名詞と不可算名詞の両方の使い分けがあります。

大雑把に言って、日本語でも数えられるか数えられないか
考えると区別はつきます。

例えば、
興味、関心、おもしろさ、重大性、利息、利子といった意味で使われる場合は
数えられないので不可算名詞ですし、

趣味や株、利益、利害を同じくする同業者連合といった意味で使われる場合は
可算名詞です。

動詞としても使われるinterest


そして、interestを動詞として使う例文は中学のころからおなじみのはず。

他動詞として使われ、物事に興味、関心を持たせるといった受身形の英文でよく登場します。

興味を持たせるという意味から、
関係を持たせる、加入させる、という意味でも使われます。

そして、interest oneselfで関係する、加入するという言い方もできます。

ニュース英語でも出てくるinterest

ニュース英語で経済に関する英文を読んでいて、
interestという単語を見かけたとき、興味、関心の意味だけではなく、
株、利息、利害関係といった意味もあることを知っていればより理解しやすくなるはずです。

経済ニュースの英文で出てくる経済用語にもinterestはたびたび出てきます

interestは中学レベルの英単語の一つですが、このように知らなかった意味を持っていることもあります。
難しい英文を読んでいて、意味が分からなくなったときは知っている英単語の意味も含めて
しっかりと辞書を引いて調べてみる
ようにしてみましょう。

-コラム

Copyright© 英語勉強サイトナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.